ヒューマンフロンティアはEAPとワークライフバランスでISO9001取得の高品質なカウンセリングサービスをご提供します。

 
HOME導入企業の声 > 共同印刷株式会社様
導入企業の声
導入企業様インタビュー vol.
共同印刷株式会社様
EAPの導入に感謝しているという社員の声を聞いています
ご担当者様
人事部 労政課
課長 城戸崎 博様
主事 下地 仁様
Q: EAPを導入しようと思われたきっかけをお聞かせいただけますか?
A: 人事部として、復職者の職場復帰支援などのメンタルヘルス対応業務を行っていましたが、なかなかメンタルの不調者が減らず、新たな取り組みを含めて体制整備を行っていました。従来は、メンタルで不調者が発生してからの事後対応になっていましたが、今後は予防に焦点を当てて取り組んでいきたいという意向がありました。本社には診療所に産業医と看護師がおり、加えて月1回精神科医による面談を行っていましたが、更なる体制充実のため、外部の力を借りようと思いました。色々と検討をしていく中で、EAPであれば不調な人のケアや早期発見だけでなく、健康な人の意欲向上や生産性向上も期待できるのではないかと思い、導入を決めました。
Q: ヒューマンフロンティアと契約をされた理由をお聞かせいただけますか?
A: EAPを導入するに当たり6社ほど候補がありましたが、カウンセリングに強い会社が良いと思い、2社に絞り込みました。その中の1社がヒューマンフロンティアさんでした。最終選定に当たり、実際に我々が両社のカウンセリングを体験しましたが、ヒューマンフロンティアさんのほうがカウンセリングの質が明らかに高いと感じたのと、出張面談を行ってくれることが選定の決め手となりました。面談でのカウンセリングを重視していましたが、他社のEAPでは相談者が東京まで出てこないと面談を受けられませんでした。当グループには関西や中部の事業所もありますので、東京以外の社員にとっても出張面談であれば便利だろうと思ったのです。
Q: ヒューマンフロンティアのサービス、利用内容についてのお考えをお聞かせいただけますか?
A: ヒューマンフロンティアさんに関して社員から人事部に寄せられる声は概ね好評です。カウンセラーさんが非常に丁寧かつ親身になって対応いただき、一定の問題解決が得られているようです。また対応が迅速なので、人事部としても頼りになると感じています。研修は、ラインケアを毎年実施いただき、参加者からの評価も良いと認識しています。実際に不調な部下がいるかどうかによって参加者の意識に差がありますが、メンタルヘルスへの意識向上に役立っていると思っています。
Q: EAPを導入されてから「効果」という点でどのようにお感じになってらっしゃいますか?
A: メンタル関連の不調者数は、EAP導入当初と比べると減少してきていますが、EAPの効果は数字だけで表せない部分があると思っています。数字に出来ない効果として、部下の不調の兆候に職場の管理者が気づいた時や、人事として何か対応が必要になった時に、常に相談窓口があるという安心感があります。実際に利用した社員から「カウンセリングを受けて状態が良くなった」、「EAPを紹介してもらえて良かった」という声がありました。また、精神科の選び方やお勧めの医療機関などに関するアドバイスを受け、病院を変えた結果症状が良くなったという声も届いていますので、医療機関情報も社員に役立っているようなので、個別ケースでの効果は出ていると感じています。さらに、当社で休職・復職規定の改訂をする際にも、ヒューマンフロンティアさんから規定の雛形を元に細かいアドバイスをいただき参考になりました。こうした組織的な課題の解決支援もEAPの効果の一つと言えるかもしれません。
Q: ヒューマンフロンティアに、今後期待されている事などお聞かせいただけますか?
A: 今でもきちんとご対応いただいていますが、今後とも迅速な対応が必要なケースや会社との連携が必要なケースではしっかりした対応をお願いしたいと思います。カウンセリング以外の部分では、問題が発生しがちな特定部署に対するアドバイスなどのコンサルテーションに期待したいと思います。また、当社だけでなくグループ会社にもEAPの契約を広げましたので、今後はグループ会社へのラインケア教育やメンタルヘルス対応体制の構築に関してご支援をいただきたいと思っています。
Q: これからヒューマンフロンティアの導入を検討されている企業様へのメッセージをお聞かせ願えますか?
A: EAPを導入する際には、メンタル不調者の対応ということだけでなく、生産性向上に繋げるために全社員が利用できるということを前面に出すことをお勧めします。そうすることで、カウンセリングへの敷居も下がると思いますし、社員に幅広く利用してもらえれば、結果的にメンタル不調の予防に繋がります。企業の所在地も様々だと思いますが、「カウンセリングルームまで来て下さい」というEAP会社に不便を感じるのであれば、出張カウンセリングを行っているヒューマンフロンティアさんを検討されてはいかがでしょうか。実際に「東京だと片道2時間かかるが、出張面談であれば利用しやすい」という社員の声も聞いていますので、出張面談は社員の相談のしやすさや相談の継続に繋がっているのだと感じています。
お問い合わせ・資料請求
HOME| HFのEAP | 豊富な導入実績 | サービス一覧 | 導入フロー | セミナー