導入事例case study

EAPが従業員にとって働きやすい環境づくりに役立っています。

株式会社ベネッセスタイルケア様

株式会社ベネッセホールディングス 
 グループ人財部 森様
株式会社ベネッセスタイルケア
 人財部 村尾様

EAPを導入しようと思われたきっかけをお聞かせいただけますか?

 当社では、十数年前から従業員のメンタルヘルスケアを目的として、他社のEAPを導入していました。当社の主な事業である介護サービス、保育サービスは感情労働であるため、上司や同僚からのケアだけでなく、外部の専門家からのケアも必要になってきたためです。


 特に介護は、24時間休むことなくサービスを提供しており、常に人と向き合うことから、ストレスを抱えやすい仕事です。職場の統制、事故などのリスク防止の観点からも、より充実したメンタルヘルスケアが重要と考えていました。


 また、従業員にとって働きやすい環境づくりの施策として、各種相談窓口の整備・充実という点からも社外相談窓口の設置が大変重要であると捉え、外部のEAP専門会社のサービスを導入しました。

ヒューマン・フロンティアと契約をされた理由をお聞かせいただけますか?

 当社を含むベネッセグループでは、ストレスチェックの法制化にあわせ、グループ全体のメンタルヘルスケア体制の強化を目的として、ストレスチェックを統一して行うことになりました。その際、ベネッセホールディングスが中心となって、委託会社の選定作業を行った結果、ヒューマン・フロンティアのサービスを採用しました。


 選定理由としては、グループ全体を一元的に管理できるとともに、グループ内の個社ごとの状況にあわせての柔軟な対応が可能であることを、特に評価したからです。


 ストレスチェックの委託会社が決定した後、ベネッセホールディングスでは引き続き、EAPの一括委託の検討を行いました。従来は、規模の大きな数社のみが、個別にいくつかのEAP会社と契約している状態でしたので、規模の大小に関わらずグループ全社が同一のEAPサービスを受けられるようにするため、一括の委託契約を行うことになったものです。


 委託会社の選定基準としては、相談対応の質が高いこと、カウンセラーがマネジメントの支援をできること、委託先で様々な相談の対応ができること、各社の人事担当者からの相談や依頼等に個別に対応できること等が挙げられました。


 ヒューマン・フロンティアは、この選定基準を全て満たし、ストレスチェックと連携したEAPの利用促進案内なども考慮して、さらに窓口の担当者が様々な疑問に真摯に対応してくれたこともあり、グループ一括で契約を締結しました。

ヒューマン・フロンティアのサービス、利用内容についてのお考えをお聞かせいただけますか?

 ヒューマン・フロンティアのカウンセラーは、全て企業での勤務経験者であり、個人的な相談だけでなく、職場内の相談に対しても企業内の状況を十分に理解しているため、適切に対応してもらえる点が良いと思っています。加えて、カウンセラーを直接管理されていることから、対応が早く、連絡もスムーズな印象です。例えば、CISM(緊急事態ストレスマネジメント)にも対応できることで、万一の事態が発生しても、素早く的確に連携して対応してもらえる安心感があります。


 また、受付窓口が一つの電話番号であるため、社内では一つの電話番号を案内するだけで済み、利用者側からも相談しやすい仕組みになっています。カウンセリングの対応時間も火曜日~土曜日の20時までとなっており、特に平日の日中に時間の余裕のない保育サービスに従事している社員も利用できる時間帯となっており、社員に対して利用を勧めやすいと思います。


 組織に対しては、ヒューマン・フロンティアの窓口担当者がきめ細かく対応してくれるため、人事セクションとしてもとても助かっています。個別のカウンセリングの結果、必要な場合には連携してもらうことにより、会社としても適切に対応できる体制になっています。

EAPを導入されてから「効果」という点でどのようにお感じになっていらっしゃいますか?

 具体的な数値は控えますが、従業員の離職や休職を防ぐためのアプローチにつながっているのではないかと思っております。会社にとってEAPはライフラインのひとつとして、当たり前の存在になっているように感じています。


 当社では、定期的に中途採用を行っており、入社時研修でEAPの案内パンフレットを新入社員に渡しています。社内だけでなく、社外の相談窓口も設置し、仕事に限定しないあらゆる相談が可能であることを周知しており、研修時のアンケートでも「EAPサービスが利用できることで安心した」という意見が多数寄せられています。


 ストレスチェックの際にも、従業員に複数回送信するメール上でEAPを案内しており、医師面接を希望しない社員、高ストレス者判定はされないものの結果が心配な社員などもフォローできるようになっています。

ヒューマン・フロンティアに、今後期待されておられる事などお聞かせいただけますか?

 例えば、復職直後に再休職や退職してしまう社員もいるため、産業医面接を中心とした支援だけでは難しいと感じています。休職者・復職者のサポートの成功事例を踏まえた施策等を提案してもらえればと考えています。


 また、当社の業務内容、企業文化、従業員の特性等を既に十分理解してもらえていると感じていますが、さらに理解を深めてもらいたいと思います。会社の動きを共有した方が双方の連携がしやすくなると考えていますので、年1回程度の頻度で当社とヒューマン・フロンティアの窓口担当の方が情報共有する場を設け、その内容をカウンセラーにも伝達する体制を構築できないかと考えています。

株式会社ベネッセスタイルケア様

■会社概要
株式会社ベネッセスタイルケア
https://www.benesse-style-care.co.jp/
創立 : 2003年12月1日
資本金:1億円
社員数 :17,054人(2018年3月現在)
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル5F

一覧へ戻る

   

サービス一覧

03-6747-6250