EAP用語集Glossary

か行の単語 強迫症・強迫性障害

反復する強迫観念や強迫行為が主症状で日常生活に支障をきたす精神疾患。強迫観念とは、心に繰り返し浮かぶ不快な考えやイメージで、本人はそれが無意味であるか、又は過剰であるとわかっていてもそれを打ち消す事ができないのが特徴とされる。内容としては、過失や不潔に対する恐れ、他人や自分に危害を加える恐れなど、一定のよく見られるパターンがある。 強迫行為は、強迫観念に伴う不安を打ち消すため、自分でもばかばかしいと思いながら、繰り返さずにはいられない行為の事である。汚染恐怖からくる洗浄強迫や、過失恐怖から来る確認強迫(鍵を閉めたか何度も確認するなど)がよく知られている。

一覧へ戻る

03-5730-3511