お知らせNEWS

2011.10.19 ニュース

震災から半年~1年経過後に最適のフォローアップ策がご好評を頂戴しております。

東日本大震災から約半年が経過いたしましたが、実は、こうした時期ならではの遅発性ストレス反応や、復興途上の過重労働や二次的ストレスといった要因により一定期間経過後に症状があらわれるケースが危惧されております。
阪神淡路大震災の事例では、被災者の震災後16ヶ月時点でのPTSD症状一部保有率が10.1%であったとの報告もございます。
弊社といたしましては、再び心のケアがクローズアップされるこうした時期であればこそ、お客様に合わせて特別にカスタマイズされたフォローアップ策を、相次いでご提案申し上げております。
震災直後にサポート申し上げたお客様から再度のプログラム組成をご依頼いただくケースも多く、各位からご好評を頂戴しております。

弊社は、東日本大震災の影響から皆様の心身の健康を守る方策を、いち早く的確にご提供するため、たゆまぬ努力を継続いたします。

一覧へ戻る

03-6747-6250