お知らせNEWS

2016.06.29 ニュース

ヒューマン・フロンティアが追求する「品質」と「安心」

~「ストレスチェック義務化」に伴う厚生労働省のガイドライン及びJISQ15001(プライバシーマーク規格)に準拠した個人情報保護体制の確立~
ヒューマン・フロンティア株式会社(以下、「弊社」という)は、質の高いカウンセリング・EAPサービスを提供する為、ISO9001(品質マネジメントシステム)の認証取得し、活動して参りました。これに加え、この度、プライバシーマーク(JISQ15001)の認証(※下記参照1)を取得し、併せて厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」(以下、「厚生労働省のガイドライン(※下記参照2)」という。)に準拠した安全の為の体制を確立致しました。今後とも、管理体制を推進し、より一層高い「品質」及び「安心」を提供して参ります。
労働安全衛生法の一部改正により、50 名以上の事業所において従業員への「ストレスチェック」が義務化となりました。弊社は、より多くの企業さまが広くこのようなサービスをご利用頂ける為には、以下のことが必須の要件と考えており、その為「品質」及び「安心」の為の経営課題の達成が最も重要であると考えました。
①労働安全衛生法に基づき、適切かつ有効なストレスチェックサービスを提供すること
②適切なカウンセリング・EAPサービスが提供され、その品質が安定して確保されていること
③セキュリティ等の安全性や守秘義務が確保され、業務に従事する者のモラルが維持されていること
④必要な報告・連携が確実にかつ安全になされ、必要な対応が適切になされていること
これは、弊社社員・カウンセラーあるいは委託先の全てが対象となります。また、設備等の対策(物理的対策、技術的対策)のみならず、業務に従事する個々人の意識・モラル(人的対策)及び管理監督体制(組織的対策)の広範におよびます。弊社は、これらすべてに対し、現状の把握を行った上で、仕組み・ルール等の検証・見直しを行い、必要な設備設置・管理策及び関係者各位に対し教育・トレーニングを徹底致しました。
(参考1)「プライバシーマーク認証」(JISQ15001:2006) とは
個人情報保護の為のマネジメントシステムであり、以下の事項の対応が要求されています。
  ■計画 
・個人情報の特定、法令、・国が定める指針その他の規範、・リスクなどの認識・分析及び対策
  ・資源、役割、責任及び権限、・内部規程、・計画書、・緊急事態への準備
  ■実施及び運用
  ・運用手順、・取得、利用及び提供に関する原則、・適正管理、・個人情報に関する本人の権利、・教育
  ■個人情報保護マネジメントシステム文書
  ・文書の範囲、・文書管理、・記録の管理
  ■苦情及び相談への対応
  ■点検
  ・運用の確認、・監査
  ■是正処置及び予防処置
  ■事業者の代表者による見直し
(参考2)「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」(厚生労働省 平成25 年 第4.2 版) とは
医療機関等における管理者に、情報システムを利用した電子的な医療情報の取扱い要件について示したガイド
ラインであり、主として以下の事項が要求されています。
①基本的な安全管理
1)組織的安全管理対策(体制、運用管理規定) 2)物理的安全対策 3)技術的安全対策
4)人的な安全対策 5)情報の破棄6)情報システムの改造と保守 7)情報及び情報機器の持ち出しに
ついて 8)災害等の非常時の対応
②電子保存の要求事項について
1)真正性の確保について 2)見読性の確保について 3)保存性の確保について
上記の点にご関心がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ先】
ヒューマン・フロンティア株式会社  顧客ソリューション本部

電話:03-5730-3511

一覧へ戻る

03-6747-6250