EAP用語集Glossary

ま行の単語 喪の作業

大切な親しい関係の人を何らかのことで失った場合、残された人が一般的にたどる過程。精神分析学者ジョン・ボウルビィは以下の4段階にまとめた。

第1段階: 無感覚・情緒危機の段階
 死後1週間程度続く無感覚の段階。一種の急性のストレス反応。激しい衝撃に茫然としてしまい、死を現実として受け止めることができない。

第2段階: 思慕と探求・怒りと否認の段階
 喪失を事実として受け止め始め、強い思慕の情に悩まされ深い悲嘆が始まる。他方、喪失を充分には認めることができず、強い愛着が続いている段階。この時期には喪失に対する責任を巡り、怒りや抗議も見られる。

第3段階: 断念・絶望の段階
 喪失の現実が受け入れられ、愛着は断念される。それまで故人との関係を前提に成立していた心の在り方・生活が意味を失い、絶望、失意、抑うつ状態が大きくなる。

第4段階: 離脱・再建の段階
 故人の思い出が穏やかで肯定的なものとなり、新しい人間関係や環境の中で、死別者の心と社会的役割の再建の努力が始まる。

一覧へ戻る

03-5730-3511