お知らせNEWS

2016.04.12 トピックス

労働基準監督署による監督指導の実施結果を取りまとめ公表しました

厚生労働省は労働基準監督署による監督指導の実施結果を取りまとめ
公表しました。今後も、月100時間を超える残業が疑われる事業場などに
対する監督指導の徹底をはじめ、過重労働の解消に向けた取組を積極的
に行っていきます。
平成27年4月から12月に監督指導を行った 8,530 事業場のうち、半数を
超える4,790事業場で違法な時間外労働を確認したため、是正・改善に向
けた指導を行いました。なお、このうち実際に月100時間を超える残業が
認められた事業場は、2,860事業場(59.7%)でした。
ヒューマン・フロンティアは、ストレスチェック制度対応として「職業性
ストレス簡易調査票」に基づくストレスチェックサービスをご提供いたし
ます。
各企業の産業医・産業保健スタッフ様は、ストレスチェック実施時期にあ
わせ、受験者様がご自身の認識として入力されるこのデータ活用により残
業時間とストレス状況の関連を把握し、改善活動につなげることも可能で
す。また、管理職向け関連研修もございます。
情報提供をご希望の企業・団体の人事ご担当者様、お気軽にお問い合わせ
ください。

■長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表/厚生労働省
平成28年4月1日
~4月から12月に対象とした8,530事業場の半数を超える4,790事業場で
違法な時間外労働を摘発~
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000115620.html

一覧へ戻る

03-5730-3511